MENU

親知らず

抜くか抜かないか
親知らずを見極める

親知らずの抜歯

親知らずは最後に生えてくるので、きれいに生える場所が確保できないことなどから、まっすぐ生えきれずに周囲の歯に害を与える場合があります。また、虫歯や歯周病になりやすい例も多いですが、そもそも生えてこない人もいるなど、状況が多様です。そのためしっかりと診断を行って、弊害があるようなら抜歯をおすすめいたします。

親知らずの抜歯

親知らずは生え方によって激しい痛みを伴う場合や、歯並びに悪影響を与えるケースもあって抜歯を必要とすることも少なくありません。とはいえ、まっすぐに生えていて対合歯との噛み合わせに問題が無ければ、無理に抜歯する必要はありません。抜歯することにもリスクはありますから、良い面と悪い面を総合的に判断することが歯科医院の務めだと考えています。

親知らずは抜くか抜かないか

歯科医院では、「親知らずは抜いたほうが良いですか?」と聞かれることがあります。しかし、一般的な回答としては「症例によって抜いたほうが良い場合と抜かないことをすすめる場合がある」としか答えようがありません。当院としては、周囲の歯に害を及ぼしたり、虫歯や歯周病が進行したりしていなければ、他の天然歯と同様に大切にしてほしいと考えています。

抜くのをすすめられる親知らず

  • 親知らずに歯茎が
    かぶっている状態

    親知らずが歯肉から出ることができず、一部のみ姿が見える場合などは虫歯や歯周病のリスクが高いですから、抜歯の対象になりがちです。

  • 前の歯を
    押してしまう状態

    親知らずがまっすぐに生えておらず、隣の歯を押すような生え方をしている場合は、歯並びに悪影響を与えるケースが多く見られます。

  • 親知らずと歯の間が
    空いている状態

    生え方によって隣り合う歯との隙間が多い場合などは、最も奥にあることからケアがしにくいため、炎症を起こして痛みが出ることもあります。

親知らずを放置すると
どうなるのか

親知らずによるトラブルは生え方によって異なります。隣の歯を押して歯並びを乱すケースもあれば、ケアがしにくいことで虫歯や歯周病になることもあります。また、親知らずの周辺で炎症や痛みが起こるだけでなく、ケアしにくい歯があることでお口の中全体の環境が乱れることもありますから、発生するリスクが生え方によって大きく変わるのも親知らずの特徴と言えるでしょう。

1虫歯・歯周病の原因となる

親知らずが適切に歯肉から出ていない場合や、まっすぐ生えていないことでブラッシングしにくいことがあります。このような場合、歯垢や歯石がどんどん蓄積することによって、虫歯や歯周病になりやすいので対策が必要です。

2周囲の歯への悪影響

親知らずが斜めに生えることによって手前の歯を押し、歯並びに悪影響を与えたり、痛みが発生したりします。また、ケアがしにくいことからお口の中の環境が荒れて、周辺の歯が虫歯や歯周病になることもあり、悪い場合は複数の抜歯を伴うこともあります。

3抵抗力の低下でトラブルが再発

親知らずが斜めに生えていることによって周囲の歯を押していると、痛みを伴う場合が少なくありません。すると痛みのストレスが免疫効果を弱めていくことになります。この状態を放置すると感染症にかかりやすいので、適切なケアが必要です。

親知らず抜歯後の注意点

  • 抜歯の処置の後は30分程度ガーゼを噛んで患部を押さえることを続けてください。
  • 抜歯後少量の出血が続くことは多いですが、大量の出血があれば躊躇せずご連絡ください。
  • 抜歯後翌日までは強くうがいすることも控えてください。刺激すると再度の出血につながることがあります。
  • 抗生剤と痛み止めを出しますので、必ず指示した量を飲み切ってください。痛み止めは残ってもかまいません。
  • 抜歯した場所が熱を持つことがあるので冷やすのは構いませんが、氷などは避けて冷やしすぎないようにしてください。
  • 抜歯した日は激しい運動は避け、飲酒、喫煙、入浴も翌日以降にしてください。
  • 翌日、消毒のためご来院いただきますが、経過を見る意味もありますので必ずお越しください。