MENU

口腔外科

顎やお口周りの機能を
支える口腔外科

口腔外科

歯科医院では、歯の治療のみをしていると多くの方が思われていることでしょう。しかし、口腔外科の治療をしている歯科医院では、口内炎などの粘膜疾患やお口の周りの外傷、顎関節症の治療など幅広い症例を扱っています。また、外科的治療を得意とする分野なので、親知らずの抜歯や歯根端切除なども行います。

口腔外科で対応する症状

  • 親知らずの抜歯

    親知らずはまず抜歯をするかどうかの診断を丁寧に行い、抜歯をすすめる場合も患者さまと相談したうえで決定いたします。

    親知らず
  • 顎関節症治療

    口を開閉しようとするときに異音がしたり痛みがあったりする場合、口を開閉しにくいと感じる場合、顎関節症の恐れがあります。

    顎関節症
  • 口内炎

    口内炎は栄養の偏りや体調不良からくることがあります。また、口内炎と油断していると口腔がんだったという可能性もありますので、早めに検査を受けましょう。

    口内炎
  • 嚢胞(のうほう)

    「嚢胞(のうほう)」とは、袋状の病変です。口腔外科で扱う範囲としては、口腔粘膜にできるものと顎の骨内にできるものがあります。

    嚢胞
  • 外傷

    口腔外科では、お口の周辺の外傷も扱います。交通事故や転倒、スポーツ中のケガなどの際もご相談ください。

    外傷
  • 歯根端切除

    歯の根の先端(根尖部)の状態が悪い場合、先端を切除する治療で改善できる例があります。

    歯根端切除

口内炎について

お口の中の粘膜(舌や唇、頬の内面や喉など)にできる炎症を「口内炎」と呼びます。口内炎の発症にはストレスが関連している場合もありますが、身体の免疫力が低下しているときにも多く見られます。また、ウイルス感染や、口の中を噛んでしまったときなどにも起こります。さらに、何らかの疾患の症状の一つとして現れるケースもあります。油断していると悪性の口腔がんだった、というケースもあるので気になる場合は早めに受診してください。

こんな口内炎は歯科医院へ受診を

  • 口内炎ができてから2週間以上も変化がない方
  • 口の中に何か所も口内炎ができている方
  • 部分入れ歯や詰め物・被せ物の付近に口内炎がある方
  • 形状が言い表しにくく、境い目がわかりにくい口内炎がある方

口内炎の分類と治療法

  • アフタ性口内炎

    痛みを伴う白い円形の口内炎です。原因としては疲労やストレス、睡眠不足や栄養障害、何らかの理由からくる免疫力の低下などがあります。何度もできる場合は再発性アフタ性口内炎として対応します。

  • カタル性口内炎

    水疱ができたあとに潰れて潰瘍になる傾向が強い口内炎です。外観としては境い目がわかりにくく、十分に治るまで痛みを伴うことが多いことを特徴としています。

  • ウイルス性口内炎

    口内炎はウイルス感染によっても起こります。代表的なものとして、「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」があります。また、クラミジアや梅毒、淋病などの性感染症から発生する口内炎も存在します。

  • その他の口内炎

    食べ物や金属などから起こるアレルギーによって口内炎が発生することもあります。また、喫煙の習慣がある人には、白班が特徴的なニコチン性口内炎ができることがあり、これはがん化するリスクもあります。

嚢胞(のうほう)について

嚢胞(のうほう)は袋状の病変です。お口の中にできる病変の2~3割程度は膿疱ですから、一般的なものと考えて良いでしょう。袋状の壁の内部には液体や半流動体が入っていることが特徴です。
唇や舌などの粘膜部にできるものだけでなく、歯槽骨や顎の骨の中にできることも珍しくはありません。膿疱の多くは、痛みは感じられませんが、感染を伴う場合は痛みが出るケースもあります。

外傷について

口腔外科ではお口の周辺の外傷にも対応しています。
外傷の要因としては、転倒やスポーツ中のトラブル、交通事故や作業中のケガなど、さまざまなケースが考えられます。出血を伴うような皮膚や粘膜の損傷のほか、骨折や脱臼などの治療も行います。打撃を受けたことなどで口の開閉がしにくくなったといった場合は骨に要因がある可能性があるため、レントゲン検査で問題を追及します。

歯根端切除

根管治療だけでは改善が期待できない場合や再根管治療が困難な場合に、その次の治療方法として歯根端切除術を行います。
歯茎を切開し根尖にアプローチするため、抜歯の必要はなく症状を改善することができます。
歯根端切除術は拡大鏡の使用し、拡大下で治療を行いますので、肉眼で行う治療よりも高い成功率であることが証明されています。
治療を行なっているが歯ぐきのできものが治らない、被せたセラミックを外さないといけないと言われた、という方は一度、当院へお越しください。

その他のお口の悩み

  • 粘膜疾患・粘膜痛

    お口の中の粘膜部(頬や唇、舌や歯肉など)には、口内炎などのさまざまな疾患が発生します。銀歯などに起因する金属アレルギーもこの分類に含みます。また、粘膜部の痛みにも対応します。

  • 上唇小帯

    「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」は前歯の中心付近にある縦のスジです。上唇小帯の状態によって中央の前歯の歯間は広くなり、いわゆるすきっ歯になることもあるので場合によっては切除することもあります。

  • カンジダ症

    カビの1種であるカンジダ・アルビカンスに感染したことによって起こります。急性的なものと慢性的なものに分類されますが、健康状態が良いときに発症することはほとんどないので、何らかの疾患がある人に見られます。

  • 口唇ヘルペス

    感染症の1種です。抵抗力が低下しているときに発症することが多い特徴を持っています。唇などの周辺に水ぶくれが複数発生することが多く、痛みも伴うので、体調の維持が予防になります。

  • 歯の破折・脱臼

    破折が起こった場合、場合によっては神経の治療が必要となるケースもあります。脱臼には完全脱臼と不完全脱臼があり、状態によって対応が異なるので、まずは原因や脱臼の程度を知ることから始めます。

  • 舌痛症

    舌にピリピリとする痛みが生じる疾患で、炎症や潰瘍に起因しないことを特徴としています。外観的にも異常は出ませんが、症状は慢性化することもこの疾患ならではです。