MENU

インプラント

インプラントで
健康な歯とともに生きる

インプラント

歯を欠損した部分の顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込んで、セラミックなどで作った人工歯を被せる治療です。手術を伴う点や、比較的治療費がかかる特徴はありますが、人工とは言え歯根を持つので、入れ歯のように固いものが咬みにくいということはありません。また、セラミックを使えば仕上がりも自然で美しいことが大きなメリットです。

歯を失ってしまったときの
治療法

  • インプラント

    歯を失った場所に人工歯根を埋め込んで、セラミックなどの人工歯を使って補う治療方法です。見た目が美しいだけでなく、咬む機能も天然歯とほとんど変わりません。また、ブリッジのように周囲の歯に負担をかけない点でも優れた特徴を持っています。

  • 入れ歯

    失った歯を補う方法として一般的で、保険が適用できますし、すべての歯を失っても対応できます。また治療が早いことも大きなメリットです。素材によっては違和感の感じやすいケースもあります。

  • ブリッジ

    失った部分の両隣の歯を削って、それを台とする被せ物です。連続して並ぶ歯を3本失ったときまで対応できます。周囲の歯を削る点はデメリットに上げられますが、装着後は天然歯とさほど変わりない噛み応えを持っており、保険適用できるメリットもあります。

当院のインプラント治療

1安心のインプラント治療

インプラントは天然歯と変わりないほどしっかり噛めるので多くの方に利用されています。その一方で、顎の骨に穴を開ける手術に不安を感じる方も少なくありません。手術といっても数十分で終わることがほとんどで、普通の麻酔のみで施術することが多いですが、「不安が強い」という方のために、当院は静脈内鎮静法をご利用いただくことができます。ほぼ眠っているような状態で不安を感じずに手術に臨んでいただけるうえに、薬剤が効いている間だけの健忘作用もあるので、嫌なイメージが残ることも防止できます。

2骨が足りない方もインプラント治療が可能

インプラント治療は、顎の骨で人工歯根を支えるので、硬いものでもしっかりと噛めることが大きなメリットです。しかし、インプラント体を支えるためには、顎の骨が健全である必要があります。
そのため、歯周病の影響などで骨が減っている場合、インプラントの治療を断る歯科医院も存在しています。しかし、当院では骨が足りない場合に備えて、骨を増やす治療を複数用意していますので、インプラント体を支える状態を作ることもできます。他院で治療を断られた場合、ぜひ一度当院にご相談ください。

GBR法

歯を失うとその部分の骨に刺激が伝わらなくなることから、次第に骨が痩せていきます。また、歯周病にかかっていると、次第に骨が溶けていくのでインプラントを支えることが困難になりがちです。
GBR法は骨の吸収が進んでいる個所に自家骨や人口骨を補填したうえで、メンブレンという遮断膜を置いて周辺組織の侵入を防ぎ、必要な量の骨を再生させていく方法です。

  • Merit

    • 骨量が少ない箇所でも、手術によりインプラント治療が可能になります骨量を部分的に増やすことができます
    • 骨量が増えるため、手術時のインプラント体の埋入が安定します
  • Demerit

    • 保険外診療のため、治療費用が高くなる場合があります
    • 十分な治癒期間が必要になり、治療期間が長引く可能性があります
    • 自家骨を用いる際は、骨を削って採取する必要があります
    • 外科手術により、患者様の体に負担がかかります

サイナスリフト

上顎の付近には「サイナス」と呼ばれる空洞がありますが、奥歯を失うとこの空洞が大きくなるため、インプラントを支える骨を確保しにくくなります。そのような場合、まず歯肉を切開して目的箇所に移植骨を埋め込んで骨造成するサイナスリフトという方式を取ります。移植後、インプラント治療をするまでにはしばらく時間を要しますが、骨の不足を補うことができる方法です。

  • Merit

    • 骨量がかなり少ない状態でも、インプラント治療が可能になります
    • 上顎洞を広範囲に広げられます
    • 目視で上顎洞の粘膜を剥離できます
  • Demerit

    • 各種公的医療保険適用ではありません
    • 手術時間が長く、患者様の体に負担がかかります
    • 顎の骨にインプラント埋入とは別の穴を開ける必要があります
    • 術後に顔の腫れや内出血が起こるリスクがあります

ソケットリフト

上顎の歯を失い骨の量が足りないときに適応する骨造成方法です。骨が足りない部分をまず情報に押し上げる処置を行い、移植骨を埋め込みます。サイナスリフトはインプラント治療を行うまでの期間を必要としますが、ソケットリフトは骨造成の処置時にインプラント体を埋め込むことができるので、治療期間が短いことが大きなメリットです。

  • Merit

    • 歯ぐきの切開や骨に穴を開ける範囲が狭く、体にかかる負担を軽減します
    • インプラント体を埋め込む手術と並行して行えます
    • 術後の痛みや腫れが少なくなります
    • 治癒期間がサイナスリフトに比べて短くなります
  • Demerit

    • 各種公的医療保険適用ではありません
    • 骨の厚みが最低5mm以上ないと適応できません
    • 目視での手術が難しい
    • 上顎洞を押し上げられる範囲に限界があります

3さまざまなインプラント技術を導入

一口に「インプラント」と言ってもいくつかの方法があり、当院では患者さまの選択肢を増やすために積極的に多くの方法を取り入れています。また、どの方法でも治療の目的を達成できる技術を習得しており、経験も豊富です。そのため、もし他院で治療を断られた場合は、ぜひ当院にご相談ください。

All-on-4®(オールオンフォー)

All-on-4®は、4本のインプラントを埋め込むことで、片顎のすべての歯を補うことができる治療です。骨が足りないケースでも骨造成の手間を省けることが多いですし、施術したその日には噛めるようになるというメリットもあります。

  • Merit

    • 骨吸収を抑えられる
    • 複数の歯を一度の治療で回復させられる
    • 治療の適用範囲が広い
    • 固定されているので、義歯に比べて咀嚼機能の向上が期待できる
  • Demerit

    • 各種公的医療保険適用ではありません
    • 外科手術が必要になります
    • 抜歯を行う可能性があります
    • 術後十分なメインテナンスを行わなければいけません

ザイゴマインプラント

一般的なインプラントでは顎の骨に人工歯根を埋め込みますが、ザイゴマインプラントでは頬の骨も利用します。また、All-on-4®と同様に手術当日に仮歯の装着が可能なことも利点です。その一方で、頬の骨まで届く長い人工歯根を埋め込むために高度な技術を要求される側面もあります。当院ではしっかりと技術を確立し、実績も多数持っていますので、ザイゴマインプラントをお考えであればぜひお任せください。

  • Merit

    • 上顎の骨が足りなくても骨造成無しで治療できます
    • 手術当日に仮歯を装着し、噛める状態にできます
    • 合併症の可能性が低いメリットがあります
  • Demerit

    • 各種公的医療保険適用ではありません
    • 受診できる歯科医院を前もって探していただく必要があります
    • 治療費は高めになることがあります

4高度な治療機器

  • シミュレーションソフト

    事前に3Dデータを用いたコンピュータシミュレーションを行って、リスクを徹底的に排除してから治療を開始します。

  • サージカルステント

    3Dデータは事前のシミュレーションに使うだけでなく、手術をシミュレーション通りに進めるための物理的ガイドであるサージカルステントの製作にも利用します。

  • その他の機材

    当院では、インプラントの安定度を定量管理するオステルISQアナライザや、外科治療のダメージを軽減する超音波ボーンサージェリーシステムなども導入しています。

5インプラント認定医・専門医が
治療を担当

インプラントが本来持っている機能や耐久性を充分に発揮するには、適切な知識や経験値の集積が欠かせません。その点、当院の理事長はインプラント認定医・専門医(ICOI国際口腔インプラント学会認定)として、高度な技術力を持ち、知見についても常に積み重ね続けています。
インプラント学会の会員は国内も多数存在しますが、認定医・専門医と名乗れる歯科医師は決して多くはありません。

インプラント治療の流れ

  1. Step01カウンセリング

    まずカウンセリングを行い、状況の確認などを行います。当院からも丁寧に説明いたしますが、患者さまの側からも不安や疑問があれば遠慮なくお話しください。

  2. Step02術前検査

    まずカウンセリングを行い、状況の確認などを行います。当院からも丁寧に説明いたしますが、患者さまの側からも不安や疑問があれば遠慮なくお話しください。

  3. Step031次手術

    術前検査では、まず歯科用CTを使って患者さまのお口の中をスキャンし、3D情報を取得します。インプラントの治療では、骨の厚さや幅が重要な要素となりますし、人工歯根埋入予定部に神経や血管が干渉しないかもこのデータから確認することが可能です。

  4. Step04待機期間

    埋め込んだ人工歯根が顎の骨にしっかりと定着するまで、2~3ヶ月程度の期間をあけます。待っている期間中に仮歯を装着できる症例もありますので、個別の症例についてはしっかり話し合いましょう。

  5. Step052次手術

    人工歯根が骨に定着したことが確認出来たら、上部構造を取り付ける準備として2次手術を行います。歯肉の下に隠れている人工歯根の接続部を見える状態にするだけなので、10分程度で終了します。

  6. Step06型取り~人工歯装着

    2次手術後は傷口が治癒するために1~2週間程度、時間を置きます。その後人工歯根と人工歯をつなぐアバットメントというパーツを装着して型取りを行い、人工歯の製作に取り掛かります。人工歯にはオールセラミックやジルコニアなど素材の選択肢がありますので、作製前に患者さまと打ち合わせいたします。

診療術前の注意点

  • 各種公的医療保険適用ではありません
  • 外科手術が必要になるため、患者さまに体力的な負担がかかります
  • 段階的に治療を進めていくため、治療期間が長くなります
  • 術後に痛み・腫れ・出血・合併症を伴う可能性があります
  • 術後も定期的なメンテナンスをしないと、機能が落ちやすくなります
  • 処置した個所に食べ物が詰まりやすくなります

術後もお口の
メインテナンスを

インプラントを埋入した後に、適切なメインテナンスを受けていないと、歯周病のような状態になってインプラントを維持できなくなることがあります。
とくに初期にはインプラントとその周囲の粘膜にのみ起こる炎症が発生する可能性がありますが、この状態をインプラント周囲粘膜炎と呼びます。進行してインプラント周囲炎になると、顎の骨にも炎症が起こってインプラントがぐらつき始めます。この段階でも「しっかり噛める」というインプラントのメリットが失われますが、さらに悪化するとインプラントが脱落することもあるので、メインテナンスは非常に重要なのです。

予防歯科