金属を使わない歯で体にやさしい白い歯を

Reserve

Reserve

料金表 Price

金属を使わないメタルフリー治療をご存知ですか?

金属を使わないメタルフリー治療をご存知ですか?

当院では、金属アレルギーを避けるために金属不使用の歯科素材を使った「メタルフリー治療」を推奨しています。金属アレルギーというと、ピアスやネックレスなどの金属製アクセサリーを連想されるかもしれません。しかし、実は歯科治療に使われる金属(いわゆる銀歯)もアレルギーを引き起こすリスクをはらんでいるのです。

銀歯がもたらす影響

実は、銀歯をはじめとする歯科金属は、審美面や安全面においてさまざまな悪影響を及ぼします。

box

 
  • 白い歯の中で金属の銀色が目立ってしまう
  • お口の中で溶けてイオン化し、金属アレルギーの原因になる
  • 銀歯にはプラーク(歯垢)が付着しやすいため、虫歯・歯周病のリスクを高める
  • 天然歯より硬いため、咬み合う歯を傷める
  • イオン化した金属が、歯ぐきを黒ずませる
  • 被せ物を支える金属の土台は、歯ぐきが退化すると露出してしまう

そのため当院では金属不使用の歯科素材を使った「メタルフリー治療」を推奨しているのです。

メタルフリー治療のメリット

box

メリット1
金属アレルギーをお持ちの方も安心

金属アレルギーをお持ちの方も安心

最大のメリットはずばり、金属を使わないため金属アレルギーの症状がでなくなること。金属アレルギーというと、ピアスやネックレスなどの金属製アクセサリーを連想されるかもしれません。しかし、実は歯科治療に使われる金属(いわゆる銀歯)もアレルギーを引き起こすリスクをはらんでいるのです。原因不明の頭痛や肩こりの原因になることもあるといわれていますので、金属アレルギーをお持ちの方で頭痛や肩こりに違和感がある方は一度、お口の中を疑ってみたほうがいいかもしれません。

box

メリット2
金属アレルギーになるリスクがない

金属アレルギーになるリスクがない

現在、金属アレルギーがない方でも今後にアレルギーが発症する恐れがあります。金属不使用の歯科素材を使ったメタルフリー治療を受ければ、将来アレルギーが出ることはありません。

box

メリット3
経年劣化で歯や歯ぐきが変色しない

経年劣化で歯や歯ぐきが変色しない

歯科素材に使う金属は長年の使用によりやがて劣化し、金属イオンが溶け出して歯や歯ぐきの変色を招くことがあります。金属を使わないメタルフリー治療なら、そういった心配はありません。

金属アレルギーが心配な方へ

金属アレルギー症状例

金属アレルギーの有無をチェックすることはご自身ではなかなか難しいものがあります。銀歯を入れている方で以下にあてはまる方は金属アレルギーの疑いがあると考えられます。

当てはまる方は一度メタルフリー治療を検討されてはいかがでしょうか。

当院のメタルフリー治療

メタルフリー素材

当院では、メタルフリー治療を推奨しており、金属アレルギーの心配のない素材「ジルコニア」「オールセラミック」「ラミネートベニア」などを使用しています。健康な歯の白さに近く、自然な仕上がりを得られますので、金属アレルギーの心配がある方だけでなく、見た目を追求したい方にもおすすめです。保険がきかないので治療費は割高ですが、そのぶんの価値はあるといえるでしょう。

技工所と連携してぴったりの詰め物・被せ物をおつくりします

技工物設計風景

併設している歯科技工所と連携し、患者様にぴったりの金属不使用の詰め物・被せ物をオーダーメイドでおつくりします。アレルギーリスクがなく、安全かつ快適に使えるメタルフリー治療ならお任せください。各素材のメリットデメリットをお伝えしながら、患者様一人ひとりにあったものをご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

メタルフリー素材とは

メタルフリー素材

当院では、メタルフリー治療を推奨しており、金属アレルギーの心配のない素材「ジルコニア」「オールセラミック」「ラミネートベニア」などを使用しています。健康な歯の白さに近く、自然な仕上がりを得られますので、金属アレルギーの心配がある方だけでなく、見た目を追求したい方にもおすすめです。

各素材にはメリットデメリットがあり、患者様一人ひとりにあったものをご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

審美歯科の「当院の取り扱い素材」

メタルフリーについてのお問い合わせ・ご予約はこちらから

page top