痛みの少ない診療を~無痛リラクゼーション法~

Reserve

Reserve

料金表 Price

できるだけ痛みの少ない治療に努めています

痛いのはイヤ・・・
歯医者は怖い・・・

できるだけ痛みの少ない治療に努めています

歯医者に対して上記のようなマイナスイメージを持たれている方は少なくありません。苦手意識から通院をためらっている方も多いのではないでしょうか?なかには過去に歯科医院で受けた治療がトラウマになってしまい、それ以降は通院するのをやめてしまったという方もいることでしょう。

町田の歯医者「グリーンアップル歯科医院」では、そういった歯科医院への悪いイメージを払しょくし、患者様の精神的・身体的負担を少しでも軽減できるように『無痛治療』に取り組んでいます。

box

こんなお悩みやお困りごとはありませんか?
・歯の治療が大嫌いで歯医者には行きたくない
・昔の嫌な思い出があり、歯医者に行くと気分が悪くなる
・口に治療器具を入れると嘔吐反射してしまう
・虫歯がたくさんあり、複数回治療を受ける必要がある
・とにかく痛みなく治療をしてほしい

arrow

そんな方には、無痛リラクゼーション法をおすすめします

グリーンアップル歯科医院が取り組む無痛治療

無痛治療とは

無痛治療とは“できるだけ痛みを抑えた治療”を意味します。文字通りに“痛みが完全になくなる”というわけではないので、その点については注意が必要です。無痛治療で患者様の負担を少しでも和らげる方法としては、麻酔法の工夫などが挙げられます。
当院では患者様が診療の際に気を張ってしまうことがないように、『無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)』を導入しています。

無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)とは

無痛治療点滴

鎮静薬や向精神薬を静脈に直接注入して麻酔状態にする方法です。歯科治療における麻酔は直接歯ぐきに注射するのが一般的ですが、無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)では、腕の静脈に点滴をすることで薬剤を注入します。
「歯ぐきに麻酔を打つのが怖い……」という方も、無痛リラクゼーション法なら安心です。

薬剤を注入してしばらくすると薬が効いて眠くなり、なかには意識を失う方も。不安や緊張が和らいだ状態になることで痛みを感じにくくなります。ほぼ眠っているような状態のまま治療が終了するので、インプラント治療のみならず一般治療でも恐怖心や嘔吐反射が強い方にはおすすめです。

box

グリーンアップル歯科医院では
術後の腫れや痛みを軽減したり、傷の治りを早めたり、ストレスの軽減・疲労改善をしたりする効果もあるビタミンC点滴血液クレンジング(オゾン療法)との併用もご案内しています。また、当院では生体モニターをはじめ最新の医療設備が充実しているため、
痛みが嫌で歯医者に行きたくないという方でも安心して診療を受けていただける体制を整えています。

当医院の料金表はこちらからご覧いただけます

リラクゼーション法を受けた方の声

box

リラクゼーション法を受けた方の声

もう終わったんですか?全然分からなかったです。楽ですね!
これなら反対側も大丈夫ですね。

(40代前半 男性 インプラント治療)

box

リラクゼーション法を受けた方の声

よく眠れました。気持ちよかったです。もっと前からやっておけばよかったです。

(30代前半男性 多数歯虫歯治療と親不知の抜歯)

box

リラクゼーション法を受けた方の声

これなら継続して治療を受けられそうです。

(30代前半女性 歯科治療恐怖症、多数歯虫歯治療)

box

リラクゼーション法を受けた方の声

最初は緊張していましたが、全然大丈夫でした!

(20代後半女性 嘔吐反射 奥歯の虫歯治療)

box

リラクゼーション法を受けた方の声

怖かったけれどすぐ眠れて覚えていません。

(20代前半女性 前歯の歯根嚢胞摘出)

治療の流れ
【1】カウンセリング&検査

カウンセリング

治療を行う前に、まずは患者様の状況について伺わせていただきます。症状や心境についてくわしくお話しください。また、レントゲンなどで簡単な検査を行います。

arrow

【2】無痛リラクゼーション法(静脈内鎮静法)

点滴

次に治療の際の痛みを緩和するために、静脈に点滴を打ちます。注入して2、3分程度すると意識がぼんやりとしはじめます。人によってはそのまま眠ってしまう方もいます。

arrow

【3】治療開始

点滴効果

患者様の意識がぼんやりし始めたら、治療を開始します。薬が効いているので、痛みを感じることはほとんどありません。

arrow

【4】意識回復まで休憩

待合室で休憩

治療完了後は、意識がしっかり回復するまで休憩していただきます。エントランススペースのソファに腰かけて、ゆっくりとお休みください。

痛くない麻酔注射のための4つの取り組み

取り組み1 表面麻酔

カンタンに言うと、「塗る麻酔」です。麻酔液を歯ぐきに塗ることで、注射時の痛みを軽減することができます。

取り組み2 細い注射針

取り組み2 細い注射針

注射が痛い原因のひとつに、注射針の「太さ」があげられます。当院では注射針のなかでもっとも細い「33G」というサイズの注射針を採用しています。ちなみに、献血や予防接種で使用する注射針は18ゲージですので、目で見てサイズの違いを実感いただけますよ。

取り組み3 カートリッジウォーマー

取り組み3 カートリッジウォーマー

麻酔液を人肌程度の温度(36~37℃)に温めることができる機械を導入しています。これにより、麻酔液の温度差による痛みを和らげることができます。また、温めることにより麻酔の効きを良くすることもできて一石二鳥です。

取り組み4 電動麻酔器

取り組み4 電動麻酔器

麻酔液を一定の量と速度で注入することができる電動麻酔器を使用しています。これにより、注射時の痛みを緩和することができます。なお、使用する麻酔液の量も通常の半分~3分の1程度に抑えることが可能です。

歯医者が苦手だと感じる方も一人で悩まず、
是非ご相談
にいらして下さい。

box

当院では、歯医者が苦手な方でも安心して治療を行える無痛リラクゼーション法を導入しています。気持ちをリラックスさせるお薬を血管に直接入れることで、治療中の不快な思いを感じる事なく、むしろ心地よく行うことができる治療法です。痛いのが苦手、気持ち悪くなるなど、様々な理由で歯医者を避けてきた方々にとっては非常に有効な手法です。

リラクゼーション法を受けた方の声

全身麻酔とは違いますので、痛みを完全に取り除くわけではありませんが、術中も会話をしながら行える程の優しい麻酔ですので、体に対する心配もありません。また、無痛リラクゼーション法を経験したことで苦手意識がなくなり、通常通りに治療を受けられるようになった、という方も少なくありません。

歯医者が苦手だと感じる事は、何も恥ずかしい事ではありません。もし歯科治療を受けられず悩んでいらしているのであれば、是非一度ご相談にいらして下さい。

page top